異年齢交流(3・4・5歳児)

 新入園児さん、年少さんを迎えて新しいメンバーでの異年齢交流がスタートしました。


 年長・年中さんは先に昨年度からのグループに移動し、久しぶりの交流に期待や嬉しさが見られました。また、「優しくする」「笑顔で話してあげる!」など、年少さんを気遣う声も聞かれました。

 年少さんを待つ遊戯室に年長さんが声を掛けて迎えに行くと、喜んだり嬉しそうにしている子、恥ずかしそうにしている子、少し不安そうな表情を見せる子など、反応は様々でした。年長さんが優しく手をさしのべると、安心して手をつないでいる姿もありました。


 それぞれの部屋では、少し緊張しながらも一人ひとりクラス、名前、好きなものの自己紹介をしたり、お兄さん・お姉さんから年少さんの名札に色別のシールを貼ってもらったりしました。また、フルーツバスケットなどの集団遊びをして過ごす姿もありました。

 交流後は、年長さんが年少さんを部屋まで送ってくれました。手をつないで優しく声を掛ける姿がありました。

 月に数回は交流グループで過ごします。少しずつ交流グループに慣れ、「楽しかったな」「次の交流グループはいつかな?」という気持ちがもてるように関わっていきます。

 心配なことなどありましたら、担任までお知らせ下さい。