初釜がありました(5歳児)

 

 

 新年の稽古初めにあたる初釜。講師の山崎先生、水野先生と新年の挨拶をした後、みんなが1年間元気に過ごせるように無病息災を願って梅干し入りのお茶を頂くこと、そして梅干しの種を男の子は左のポケット、女の子は右のポケットに大切に入れておくと良いこと等を教えて頂きました。


 青竹(ようじ)を落とさないように慎重にお茶を運んでいました。

 今日のお菓子は紅白の落雁でした。


 

 

 

 

 青竹に上手く梅がささらず苦戦しながら頑張っています。


 いつもと違うお茶やお菓子、初めて経験する作法等に少し緊張している様子もありましたが、「おいしいね」と友達と顔を見合わせ話したり、大切に梅干しの種をポケットにしまったりする姿が見られました。