子どもの日の集い<3・4・5歳児>

 『端午の節句』ということで男の子は新聞紙で作ったかぶとを頭につけて参加しました。

 子どもの日についての話を聞いたりクイズを考えたり…歌も歌いながら楽しい時間を過ごしました。

≪背くらべをしました!≫

 子どもの日は身長がどれぐらい伸びたかな?と成長を楽しみに“せいくらべ”をする日という話を聞きました。今回は担任の身長を比べました。

 各部屋でも子どもたちと一緒に背くらべをする予定です。


 年中の女の子に作ってもらったかぶとを嬉しそうにかぶって遊戯室に入ってくる男の子たち。

 子どもの日のクイズでは、3択の中から手を挙げ正解すると「やったー」と盛り上がる姿が見られました。最後には、大きな声でこいのぼりの歌を元気に歌っていました。

 こいのぼりについての話をすると「知っとる」「これ○○だよ」と自分の意見を手を挙げ発表する姿が多く見られました。また最後には、「♪いらかの波と~」から始まる昔から歌われているこいのぼりの歌を歌いました。少し難しい歌詞だったのですが、情景をイメージしながら力強く歌を披露してくれました。

実際のこいのぼりを見せると「大き~い!」という声が聞かれ、3つのこいのぼりの大きさも「さっきより小さい」と比べていました。こいのぼりに名前があることを伝えると保育者の声に続いて「まごい!」「ひごい!」「こごい!」と大きな声で覚えようとする姿が見られました。