角笛シルエット観劇に行ってきました。~5歳児~

 

 

 

 シルエットって何だろう?と興味を持っていた子どもたち。開演すると、早速手で作る影絵(ねこ、はと、きつね)を教えてもらい、「きつねは知ってる!」「ねこはこう?」と友達と見せ合っていました。

 

 

 影絵のお話、「ごんぎつね」「あかずきんちゃん」を見て、「かわいそう」「ちょっと怖かった」と手で目を隠す姿や真剣な表情が見られました。影絵の作る独特の美しい世界に引き込まれた子どもたちです。 あとで、影絵の動物たちがどうやって動いていたのかを見せてもらいました。「手で動かしてる!」とその仕組みに気付き、驚いている様子でした。

 


 行き帰りには、周囲の散策をしてきました。「噴水だ!にじがかかってるよ!」と噴水に拍手して盛り上がったり、池のこいを見て「こいが来い」「あのこい大きい」「黄金だ!」と口々に興奮して感想を述べていました。


 

 今日は影絵はもちろん、噴水に鯉にととても心がワクワクすることにたくさん出会えた一日でした。今日の経験から、自分たちも楽しく表現したい!という思いにつながり、活動が広がるよう関わっていきます。