お泊まり保育

 

 

 

 

 

 

 友達や先生と一緒に立山青少年自然の家に行ってきました。


~自分のことは自分で~

 

 リュックの中にあるたくさんの荷物の整理や着替え、入浴等の身の回りのことを自分で頑張りました。困っている友達を助ける優しい姿も見られました。




 

~びしょぬれになった沢歩き~

 

 沢の中を進むうちに「先生おもしろ~い」とあちこちから聞こえ大はしゃぎでした。冒険気分の中、カエルやトンボの他にも沢山の生き物も見つけました。


 

~おいしかった食事~

 

食事を自分で準備したり、片付けたりし、友達や先生と一緒に楽しくおいしく頂きました。


 

 

 

 

~みんなで入ったお風呂~

 

 大きなお風呂にみんなで入って友達の背中を洗いっこしました。


 

~キャンドルサービスとゲーム~

 

 楽しみにしていたキャンプファイヤーは雨でできませんでしたが、キャンドルサービスの静かな雰囲気の中で火の大切さや、火に感謝する気持ちを知りました。


~寝る前の秘密の○○○ー○投げ~

 

 男女別のクラス対決!「△△組に勝つぞ!エイエイオー!」と気合十分!○○○-○を必死に相手陣地に投げ入れ、男女共に白熱していました。


 

 

~トントンの森散策~

 

 カッパを着て雨対策も万全!雨でぬかるんだ道を歩いたり、登ったり…。

杉の木広場では高い杉を見上げ後ろに倒れそうになっていました。お目当ての笹笛を自分たちで作って音が鳴ると、満面の笑みが見られました。


 

~家族への手紙~

 

 「何って書こうかな」「ここ学校みたいだね」と話しながら真剣に考えていました。子どもたちの思いがつまった手紙が届きますように…。


 この2日間の生活体験や自然体験が子どもたちの自主性を引き出し、 一人ひとりの自信となり心の成長につながったと思います。