遠足に行ってきました(4歳児)

 遠足で立山町総合公園に行ってきました。

<とりでの丘では…>

ーアスレチックー

「難しそう…」

「ちょっと…やってみる!」

「がんばれ~」「もう少し‼」



 十分に体を動かして遊びました。

 アスレチックには、ロープ渡りや ロッククライミングなど、少し難しそうなものもあり、最初は「できん」とあきらめぎみの子もいましたが…友達が実際取り組んでいるのを間近で見ているうちに「やってみよう」と意欲が高まり挑戦する姿が見られました。


ー虫探しー

「カマキリって何食べるん」 「草?」

「違うよ。バッタ食べるんぜ」 「じゃあバッタ探してくる‼」



 アスレチックの周りでは虫探しに夢中になる姿も。

 捕まえたカマキリを眺めながら子どもたちがエサの相談…その後、バッタ(エサ)探しが始まりました。


ーゴロゴロ競争ー

「○○くんはやい~!!」

「私もやってみる」

「もう1回しよーよ」

「ゴロゴロ競争しよー!」


 1人の子が、築山の頂上から寝転がってゴロゴロゴロ~。

 それを見ていた子どもたちが次々に真似をして、いつの間にか「ゴロゴロ競争しよー!!」と新たな遊びが展開しました。


 友達の刺激を受け合いながら過ごす時間となりました。

<ふれあい広場では…>

 午後からはふれあい広場で“追いかけ玉入れ”“木の実・虫探し”“紙ひこうき・凧飛ばし”“しゃぼん玉”の4つの活動の中から自分で選択して遊びました。順番に全ての遊びを楽しむ子もいれば、同じ1つの遊びに夢中になっている子、仲良しの友達と一緒の遊びを選ぶ子など、様々な姿が見られました。自分で遊びを選択することで、十分に楽しめる時間となったようです。

 最初は追いかけることに夢中になっていた子どもたちでしたが、何度か繰り返す中で、ねらって投げようとする姿も見られるようになりました。

 玉入れの後は、1つ(ひとつ)、2つ(ふたつ)、3つ(みっつ)…10(とお)と、みんなで元気に数えました。

「とんぼ!!あっ…逃げた…」


「いくよ~!!」「わ~いっぱい!きれ~い!」


「見とってね、3、2、1…」

「とんだ~!!」


 バスの中では、「長い(ローラー)滑り台早かった!!」「おしり痛かったね」「え!おしりかゆかったよ」などと友達の発表から会話がはずみ、楽しかった遠足を振り返りながら帰ってきました。