ポン太さん来園(5歳児)

ポン太さんと堀田さんがわかくさ保育園に来られました。

 

 大きなお腹がトレードマークのポン太さんが年長組の子どもたちに“交通ルール”について話して下さいました。

 「道路を渡る時は、どんなことに気をつけたらいいかな?」のポン太さんの質問に、子ども達からは「信号をしっかり見て道路を渡る!」「手をあげたらいいね!」「散歩の時にやっている“右・左・右”でしっかり見て車が来ないか確認したらいい!」等と声があがり、“命を守ることの大切さ”について改めて考える機会がもてました。

 

 

 

 「交通ルールを守ってピカピカの一年生になってね!」と最後に言葉を残し、ポン太さんは遠いお山に帰っていかれました!

 

 

 

『もし、どこかで見かけたらいつでも「ポンタさん!」と声をかけて下さいね!』


 堀田さんからは、「あめかいゆうれい」「おにいさらわれた あねこ」「いっしょにあそぼ」の紙芝居を読んでいただきました。

 迫力のある声に思わず物語の世界に吸い込まれていく子ども達。最後の「いっしょにあそぼ」の話では、“優しさや勇気をもつことの大切さ!”“自分がされた嫌なことは人にはしない!”ということに気づき、友だちへの思いやりについて感じることができました。

 その後、園長先生もびっくり!の手品もされ、楽しいひとときを過ごすことができました。

「また来て欲しいなぁ…!」と名残惜しそうな子ども達!!

 ぜひ来ていただきたいですね!

 

 

 

 

 このたびの富山県知事功労者表彰おめでとうございます。