お泊り保育(5歳児)

  “お泊り保育スタート”

 ドキドキワクワク・・・少し緊張した表情も見られていましたが、「みんなでお風呂や眠るの楽しみだね」「沢歩きの川の水は冷たいかなぁ」「キャンプファイヤーで女神様、来られるかなぁ」など、大きな期待を胸いっぱいに膨らませていました。


<入所式>

 立山青少年自然の家に到着!バスから大きなリュックを力いっぱいかついで、入所式の会場まで!

 これからお世話になる施設の方に大きな声で「よろしくお願いします」と元気いっぱいの挨拶をしていました。

 


<沢歩き>            <登山>

 お楽しみの1つが沢歩きです。

 ジャブジャブひんやりして、気持ちいい~!そのあと登山へ出発!!

 「○○ちゃん大丈夫?ここにつかまって登れるよ!」「頑張って~!」など、みんなで声を掛け合って、最後まで諦めずに頑張りました。

 大丸山の頂上で飲んだジュースは、とってもおいしかったです!


<手紙>

 大好きな家族に手紙を書きました。「何書こうかなぁ・・・」「沢歩きと登山頑張ったこと書きたいなぁ・・・!」一人一人思い思いの気持ちをこめて書き、「ちゃんと届いてね!」とお願いしながらポストにハガキを入れていました。

 次の日には自宅に届いたハガキを見ながら、お泊り保育で体験した事について、親子で楽しい会話が広がっていたようです。

[立山青少年自然の家の玄関ポスト]


<食事>

 

 

 待ちに待った食事の時間!

 「いっぱい歩いたからお腹すいた~!」「みんなで食べるとおいしいね!」「カレーおかわりしてくる!」など、子どもたちの食欲にはビックリです。いつもと違う雰囲気に子ども達の笑顔がこぼれていました。

 


<キャンプファイヤー>

女神様の言葉「私は火の女神様のお仕いです。遠い太陽の国の火の

       女神様に頼まれて、みなさんのところに火を持って

       きました・・・」

 ♪遠き山に日はおちて~♪子どもたちのハミングが広がる中、火の女神様が真っ白な衣装を着て登場しました。神秘的な光景に、子どもたちの目はキラキラ輝き、女神様が持ってきた火をじっ・・・と真剣に見つめていました。

   “自分の思いをしっかり言えるようになりたい”、“最後まで諦めずに頑張りたい”、“思いやりのあるやさしい気持ちを持ちたい”・・・など、“こんな年長さんになりたい!”という思いをみんなで火に誓いました。

 

<まくらなげ>

 クラス対抗のまくらなげをしました。

 「よ~い ピー!」笛の合図で一斉にまくらが宙を舞い「キャ~!」子どもたちの歓声が広がります。

 又、応援する声にも力が入り「みんな頑張れ~!」と気合十分でした。

 「しかし、これね、ナイショ!!ネ。」


就寝>

 一日たくさんの経験をして、ぐっすり眠る子ども達!

 どんな夢を見ているのかなぁ・・・。かわいい寝顔が見られました。

 お家の方と離れて、友達と泊まることができました。


<トントンの森>

 トントンの森に出発!!

 森の中を散策すると同時にトントンの森の答えを探して、目をキラキラ輝かせている子ども達!途中、笹の葉で草笛を作ったりしながら、楽しいひとときを過ごしました。

 

 ご家族の皆さんの心配はどうだったでしょうか。次の日のお迎えの時の我が子の顔には、自信という成長が見えたでしょうか。

 この夏の大きな思い出になったでしょう。