元気いっぱいわかくさっ子!解体保育 室内あそびの様子-以上児編-

 今日は朝からどしゃぶりの雨。

 遊戯室では、太鼓橋、トランポリンでダイナミックに体を動かして、元気いっぱいの子ども達です。

 室内では、粘土、紙コップ、うつし絵、線路、カプラ、紙あそび・・・と自分の好きなあそびを見つけて

じっくりと取り組む姿がありました。




雨の日・・・室内ではこんな風に遊んでいますよ。-未満児編-

<0歳児>

 長い廊下を広く使ってのびのびと遊んでいます。

 滑り台の階段をヨチヨチと登り、「登れたよ。みてみて!」とアピール。


<1歳児>

 

 

 

 

 

 

ホールでボールをコロコロ・・・

チビカーに乗って「行ってきまーす」

広いホールで遊ぶの大好き。

 

 

シール貼りに挑戦!!

「どれにしようかな?」「どこに貼ろうかな?」

小さな指でめくってペッタン。

うちわ作りをしていますよ。

 

 

14歳の挑戦のお兄ちゃんと一緒に

「いち、にの、さ~ん」

元気モリモリの子どもたちです。


<2歳児>

 

 

 

 粘土あそび、新聞あそび、線路あそび、紙鉄砲あそびを楽しんでいます。

 

 粘土では、コネコネと手のひらで丸めて「お団子どうぞ。」

 

 新聞あそびでは、保育者と一緒にビリビリーとダイナミックに大きな音をたてて破ったり、頭に新聞を巻いて「鬼さんだぞ~!!」

 

 紙鉄砲は、大きい組のお兄ちゃんに作ってもらい「よいしょ!」「あれ~ならないね・・・」保育者に教えてもらいながら一生懸命挑戦しています。

 

 14歳の挑戦のお姉ちゃん先生とボタンつなぎをしました。

「いっぱいつながったよ!」