子どもたちの1日の様子(6月)

 保育園の周りには、色とりどりのあじさいが咲き始めました。


 

 園庭には、赤・黄・紫色と夏野菜がたくさん実をつけ始め、少しずつ収穫してクッキング!!自分たちで世話をした野菜…どんな味がしたかな?


<0歳児>

 指先を使った遊具、フィルムケース落としに夢中になっている子どもたち。

 ポットンと入ると、「ポットン」と嬉しそうにパチパチと手を叩いて、

次のフィルムケースを入れようと真剣です!


 

ずり這いできるようになったよ!!

音の鳴るペットボトルのマラカスで

シャカシャカシャカ


 

 

 絵本を1枚1枚めくりながら、「いないいない、ばあ」

「ばあ」のところでは、保育者の顔を見てかわいい笑顔で一緒に「いないいない、ばあ」


<1歳児>

新しいブロック嬉しいね。

動物や乗り物を使って子どもたちのイメージも膨らんでいます。

型はめパズル楽しいね。

いろいろな形を探して穴に入れられるようになりました。


 

 

トトロの絵本コーナーには大好きな絵本がいっぱいあるよ。

 

 

水槽の中でスーイスーイ泳ぐ小さなお友だちに「お魚さんご飯食べてるねー。」「あ。おった。」「こっちもおった!!」と素早い泳ぎに子どもたちの目はキョロキョロ…

 

 

しゅっしゅっぽっぽ♪

2人で行くのはどちら?

ともだちと電車ごっこ楽しいなぁ。

 


<2歳児>

 園庭遊びの人気NO.1はブランコですが、最近砂場や登る遊具にも子ども達が集まってきています。

 「いらっしゃいませ~」と、どろケーキや砂水ジュースをすすめるお店屋さんのかけ声が聞こえてきたり、「先生~見て~」と登り切った勇姿を伝える声にカメラマンの担任も成長に拍手。


 

 

ビオトープのメダカさん。

「あついね…」

「お水 気持ち良い」

「捕まえちゃおうか」

とよからぬ相談中。


<3歳児> もうすぐ出掛けるじゃがいも掘りの練習風景

 

 

 なかよし広場で宝探しゲームをしました。

 砂場に隠してある宝物をゲットする為に、ダイナミックに掘る子。

掘り方が分からず、そーっと砂をはらうようにして探す子・・・

みんなピンクの石を見つけるのに真剣な表情でしたよ!

 さて、古洞の森では、本物のじゃがいもを見つけることができるかな?

 

目を隠してね。「だ~れだ。指の間から目が見えてるよ!!」

 

「見つけたよ。何個あるかな?」

 

 

キラキラの宝物がんばって見つけるぞ


<4歳児>

 虫が大好き年中さん。

 ありの好きな物はなんだろう?みんなで考えて実験しました。集まってきたありをそっと捕まえてケースの中へ・・・。ありの巣はどんなのかな!?毎日楽しみにケースを眺めていますよ。

 

 

 

ありの巣ができるまで2~3週間かかります。

なかよしのありの行列をつかまえないと、ケンカをしてしまい、巣ができないそうです。


<5歳児>

 大雨の日に収穫した3本の黄色のズッキーニ。

 「なんかバナナみたい」「すごい大きい!!」と驚きの声。「どんな味かな?」

 塩もみをして、みんなで食べてみると、「スイカみたい」「メロンみたい味する」と、おいしいの声が大半でした。

 

 

 

 

 

 「ちびっちゃいなすびだ~」「細長いね~」「うわっ!チクチクあるぞ」今現在、8本収穫したかぜぐみさんです。

 

 収穫したなすびを包丁で切って塩もみしました。「なんかきゅうりみたい味する…」と不思議そうな顔をしながら、よく味わって食べていましたよ。

 

 なすの料理は子どもには人気ありませんが、自分たちで育て収穫して料理したなすは格別の味なんでしょうか。完食でした。