ほし・やま・たいよう組で青虫を育てました

 4歳児、ほし・やま・たいよう組で青虫を育てました。

 普段はあまり見られない青虫に大喜びの子ども達。

 青虫が気になり遊ぶ時間もずっと観察!!

 図鑑や絵本を見て、脱皮をし皮を食べることや、さなぎになり6日でちょうちょになることを知り、「あと○日でちょうちょになるんだよ」と友だちに教える姿が見られました。

 また、「緑のうんちと黒のうんちある!」と2種類のうんちを発見!!絵本で調べ「緑のうんちは新しくて、黒いうんちは古いうんちだよ」と保育者に教えてくれる子もいました。

 

 青虫がちょうちょになり、どうしてあげたらいいのかみんなで話をしていると、「いなくなったらちょっとさみしいな」という声も聞かれましたが、虫かごの中で羽根を動かしている様子を見て、「苦しそうだから外に出してあげよう」というやさしい声が聞かれ、外に出してあげることに決定!!

 「元気でね」「また遊びに来てね」と手を振り見送りました。