*保育理念*



*保育目標*

 ☆ 一人ひとりの可能性を十分に伸ばし、

   身心ともに健康で、主体的に生活できる子どもを育てる ☆

 

 ・身心ともに健康でのびゆく子ども

 

 ・感動、驚き、疑問を持つ子ども

 

 ・自分の考えを表現できる子ども

 

 ・友だちの考えに気づき、協力できる子ども


 *教育・保育の方針*


今日が最高の日となるように

先生に愛されている喜びをどの子も満喫しながら


長い将来の基礎づくりとして

いづれは一人で生きていくための力を培いつつ


保護者と喜びを共有して

共通理解をもって成長・発達を認めて


地域の子育てを支援して

未来を背負う地域の子どもが共に育つ環境づくり


*教育・保育内容の特色*

子どもが心を動かす活動に主体的に十分にかかわる遊び環境と保育教諭の見守りがあります。


3歳以上児クラスは、年齢の枠を超えた解体保育「遊びの時間」を中心に、好きな場所や遊びを自ら選んで主体的に生活します。また、年齢別の活動「みんなの時間」も取り入れ、年齢ごとの発達や同年齢のつながりも大切にしています。同年齢・異年齢との関わりの中で、人への信頼感やあこがれ、思いやり、また規範意識の芽生えを育てます。


音楽・絵画・体操・英語・お茶会・お話の会・リトミックには専門講師を招き、情操教育に取り組んでいます。


緑豊かな「なかよし広場」や園周辺には田んぼなどがあり、自然に囲まれた保育園です。戸外活動や散歩を積極的に取り入れ、のびのびと遊びを展開できるようにしたり、健康な身体作りを行っています。


本館には「みどりの広場」「ありんこ広場」「あおぞら広場」があります。高い場所から雄大な立山連峰や自然豊かな風景をながめながら、自由に遊ぶことができます。


栄養士が離乳食やアレルギー制限食について、また看護師が子どもたちの健康管理について個別の相談に応じます。


産休明けからの乳児保育は、乳児の健康で安全な環境を保護するため、別棟の「夢眠の家」で行っています。