■育児支援サークルとは

家庭に閉じこもりがちな乳幼児を持つ親にとっては、同じ年齢の子どもを持つ仲間との交流は育児を楽しみに変え、親子が成長する上で欠かせないものです。このような親子が集まって自主的に活動するのが育児サークルです。
お母さん・祖父母の皆さん、お子さんやお孫さんと一緒に「もみじの家」の遊具で遊んだり、お子さん同士ふれあったり、また情報交換や育児相談の場として気軽にご利用ください。活動の継続と内容の充実のため、要請があれば育児サポーターを派遣します。

■親子サークル

内容

・講師によるパネルシアターやリトミック・親子ヨガ・お話の会をしたり、季節ごとの製作や、親子の触れ合い活動を支援しています。

・登録制です(年度初めに受付)富山市広報4月20日号をご覧下さい。

・参加費はなし、1歳から3歳の未就園児が対象。

曜日・周期

水曜日を中心に実施

 

時間

10:00~11:30

 

場所

わかくさ保育園 もみじの家

 

■赤ちゃん広場“あっぷっぷ”

 

内容

・子育ての真っ最中であるお母さんとその赤ちゃんが、自由に遊べる広場です。お母さん同士の情報交換や仲間づくりも支援しています。

・参加費はなし。生後2ヵ月から1歳未満児対象。

登録制ではないので、参加されたい方は随時、自由に来て下さい。

曜日・周期

(月)~(金)

 

時間

9:00~16:00

 

場所

わかくさ保育園 もみじの家併設

 

 

 

■赤ちゃんサークル

1月は、14日(火)21日(火)28日(火)

2月は、4日(火)18日(火)25日(火)

3月は、3日(火)です。

ぜひ遊びに来て下さいね。

 

 

内容

 歌や手遊び・触れ合い遊びを紹介したり、季節に合った簡単な製作も行っています。 身長・体重を測定もできますよ!!

 日々の育児についてお母さん同士の情報交換や仲間作りも応援しています!広いスペースでのびのびとお子さんと遊びましょう。

 参加費は無料です。

  

曜日・周期

火曜日を中心に月1回から3回

赤ちゃんサークル年間予定表
赤ちゃん年間予定表.pdf
PDFファイル 46.0 KB

 

時間

10:00受付~11:30まで

 

10:00~  受付開始

10:15   片付け

10:20~  お集まり

11:30まで 自由遊び

 

場所

わかくさ保育園 もみじの家

 

■おしゃべり会

(さたけ産婦人科での出産Babyに限り対象)

内容

出産後2ヵ月の赤ちゃんとお母さんが集っていろいろな情報交換と仲間づくりをします。

また、わかくさ保育園の赤ちゃんの館(夢眠の家)も見学し、乳児の生活ぶりも見ていただきます。

育児相談をしながら、育児の不安の軽減や仲間づくりを支援します。


周期

月1回開催

 

時間

10:00~11:30

 

場所

わかくさ保育園 もみじの家

 

■マイ保育園   

“マイ保育園”登録できます!!

かかりつけの小児科さんをもつように、かかりつけの保育園をもちませんか?

登録や会費は無料です。

妊娠期から育児について、気軽に相談・見学・体験ができます。

わかくさ保育園の行事(七夕祭り会や、ひな祭り会等)親子サークルの活動に参加することもできます。

ぜひ登録して下さい。

 

登録の仕方

・申請書に記入するだけで登録OK!!

 申請書は保育園に置いてあります。

   登録して頂くと下記の行事に参加することができます。


 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 「プレママ・プレパパ体験会」は

 令和2年1月・2月

   ※月曜日~金曜日(祝日・年始を除く)

 AM10:00~AM12:00に開催します。

 園の都合により3月は開催しません。

 ご希望の方は1週間前までにご連絡下さい。

 お待ちしております。

~今日のプレママ・プレパパ体験記~

令和元年12月20日(金)

2月に出産を控えておられ、出産を目前にママ・パパ一緒にいろいろな体験をされました。

~抱っこに挑戦~

パパ:「赤ちゃんの表情やしぐさが見れて良かった。」

パパはドキドキ…大きな手で包み込むようにママもパパに寄り添って、見守っておられました。

☆ポイント☆

・首とおしりを支えてあげましょう。

・ひざにのせると、安定感が増しますよ。

~オムツ交換~

ママ:Q.生まれてすぐの赤ちゃんのうんちはゆるゆる…いつまでかな?

先生:A.離乳食を食べ始めると、においや形が変わってきます。

パパ:「オムツ交換のやり方や工夫を見る事ができて勉強になりました。」

ママ:「下にマットを敷くといいですね。」

パパはオムツテープを付けてみましたが、赤ちゃんにフィットするのが少し難しかったようです。

☆ポイント☆

・オムツを開く前に新しいオムツを下に敷いておいて汚れたオムツを取り替えましょう。

・ゆるゆるうんちがはみ出さないように背中はぴったりとお腹は指が入るくらい余裕を持たせてテープをとめてあげましょう。

・太もものギャザーも折り込まれていないか確認しましょう。

~調乳~

ママ:「1杯…2杯……実際にできて、良かったな。」

ママは慎重に…スプーンにミルクの粉をすり切り1杯にして作って下さいました。

☆ポイント☆

・ミルクのお湯の量は、しゃがんで目盛りを確認して泡の下でチェックをしましょう。

・出来上がったミルクを水で冷まし、手首でミルクの温度を確認しましょう。

~授乳~

ママ:「飲んでくれるかな?」

パパ:「飲んだ!!」

ママはそっと手を出し、パパの手助けをしておられました。

先生:「授乳クッションを使ってみて~。」

パパ:「これはいい!」

ミルクをゴクゴク飲む姿を優しい眼差しで見つめておられたママとパパ♡

☆ポイント☆

・リラックスできる姿勢で座り赤ちゃんの目を見てあげましょう。

・哺乳瓶をグッと傾げる方が空気が入らず赤ちゃんも飲みやすいです。

~食事の時間~

ママ:「あ~ん。」

先生:「おいしいね♡」 

ママ:「食べてくれた。よかった~。」

パパ:「食事のあげ方を見る事ができて勉強になりました。」

口を「あ~ん。」と開けておいしそうに食べる姿を見て、ホッとした表情を浮かべておられました。

☆ポイント☆

・スプーンは下唇に置いてあげると食べやすいです。

・食べやすい量をスプーンに乗せてあげましょう。 

・赤ちゃんの目を見て声をかけて食べさせてあげましょう。

・スプーンでお茶を飲ませてあげてもいいですよ。

~沐浴について~

 パパに沐浴体験をしてもらいたいというママの希望がありましたが、現在入所しているお子さんは月齢が高く沐浴対象の赤ちゃんがいなかった為、人形を使った体験を勧めてみましたが人形での沐浴体験は済んでおられたので今回はされませんでした。

  出産までに準備する物がたくさんあり、実際保育室で使用している物を見られ質問され、とても参考になったと感想を頂きました。

 体験を通しこれからの育児にお役に立てれば幸いです。

スタッフ一同、またお会いできる日を楽しみにしております。


初めての保育園で来られた時は緊張しておられた様子でしたが保育室に入られて友達が遊ぶ姿を見て一緒におままごとをしたり一緒におやつを食べたり楽しく過ごされました。

お母さんと一緒に朝の会で

♪おはようのうた

♪やきいもグーチーパー

♪とんぼのめがね

の季節の歌を楽しそうに歌っておられました。

ホールに遊びに行きました。

エバーフォーミングを高く積み上げる友達の姿を見てお母さんと一緒に2段…3段…と積み上げる事ができました。

短い時間の保育体験でしたが友達がトイレをする姿を見て一緒にトイレに行く姿も見られました。お母さんからは「集団行動をいつもしていないので、重要性を感じました。先生に沢山アドバイスを頂き感謝しております。ありがとうございました。」と感想を頂きました。

~今日のプレママ・プレパパ体験記~ 令和元年7月31日(水)

今日は妊婦さんでは無い方の参加で、仕事上子育て中のお母さんと触れ合う事がある為、

乳児・幼児の関わり方を知りたいと希望され、いろいろ体験されました。

 調乳では哺乳ビンに粉ミルクを慎重に入れて作っておられました。

 お湯の量をメモリを見て正確に入ったか確認しておられます。

 ミルクを冷ました後哺乳ビンに触れ温度を確かめておられました。

 食事の援助の際、スプーンに載せる量やスプーンの方向を伝えると意欲的に挑戦されました。

 小さな口を開けた姿にニッコリされました。

 一人でコップを持ちお茶を飲む事ができないので保育者が手をそえて飲む姿を真剣な表情で見ておられ、「赤ちゃんは自分で飲んでるつもり・・・。」保育者の言葉に笑っておられました。

【体験会に参加されての感想を紹介します。】

「妊婦のためのプレママ・プレパパ体験会」でしたが妊婦では無い20代前半の私にもわかくさ保育園の皆様は優しく接して下さり、分かり易く抱っこの仕方、おやつのあげ方、お話の仕方、ミルクの作り方など沢山教えて下さり勉強になりました。

 子ども達とのコミュ二ケーションは大人の方より目線を合わせたり触れ合うようにしたりと気を遣わなければいけず大変だと思いました。

 保育士さん達を尊敬しました。お忙しい中ありがとうございました。

 

スタッフ一同、またお会いできる日を楽しみにしております。

~今日のプレママ・プレパパ体験記~ 令和元年6月6日(木)

里帰り出産の為に、富山に帰省。

来月出産を控えておられ、出産を目前にいろいろな体験をする事を目的に参加されました。 

 

オムツ交換の様子を見て頂きました

交換サインとして、尿が出たらオムツの色が変わる事や外から触ると、プニプニとしている事を知らせると、実際に触って頷いておられました。

又、尿の回数・便の状態で体調が分かる事を伝えました。


 

お風呂の前に肌着・衣服・オムツを準備しておくとOK!!

肌着・衣服を重ねておくと着替えやすく、袖口からお母さんの手を入れ赤ちゃんの手をそっと出す方法を伝えると真剣な表情で聞いておられました。


 

食事の援助では、スプーンに載せる量やスプーンの方向を伝え、実際に援助して頂くと赤ちゃんが口をアーンと開け美味しそうに食べる事ができました。

食事をあげる時、「美味しいね。上手だね。モグモグだよ。」など、にこやかに声を掛けると赤ちゃんも意欲的に食べるようになる事を伝えると優しい笑顔で上手に援助しておられました。


【体験会に参加されての感想を紹介します。】

オムツ交換の仕方や洋服の着せ方など、細かい点まで教えて頂き勉強になりました。

赤ちゃんへの声掛けなども聞けてコミュニケーションの取り方も参考になりました。

今日は、ありがとうございました。

 

スタッフ一同、無事のご出産をお祈りしております