■保育所体調不良型病児病後児保育とは

保育中に急に体調を崩したり、熱は下がったが集団生活が難しい場合など、保護者さんが迎えに来られるまでお預かりし、当園の看護師・保健師がお子さんのケアーに当ります。

 

 

対象

当園児の急な発熱・下痢・嘔吐等、集団生活が困難と判断した場合

(病状の急変などで危険性が認められない児童)

又、けがなどで個別に配慮が必要な場合

 

実施方法

保健師・助産師・看護師又は准看護師が、自園型保育室で体調不良児の保育に専念します。

 

利用期間

原則、保育中の児童が体調不良となった当日(祝・祭・休日は除く)

 

利用料金

無料

 

利用書類

富山市より配布された利用書類は、利用された日の降園時にお渡ししますので捺印後保育園に提出をお願いします。

 

 

※長時間に及ぶ保育園の預かりになったり、病状が悪化しそうな状態で病児保育(さくらんぼ室)に空きがある場合は、保護者さんの承諾後保育園から嘱託医(馬瀬小児科)を受診しさくらんぼ室に移行することもあります。この場合は有料となり、夕刻6時までお預かりします。